プロフィール

このエントリーをはてなブックマークに追加

劇団ざくろうは、演劇を通じ様々な形で社会と向き合っていくことを目指している演劇企画集団です。

代表 横山真
副代表 山田優輝
会計 小澤皐

劇団ざくろうについて

 劇団ざくろうという名前は、「ザクロ(再生の象徴)」+「クロウ(カラス=死の象徴)」の造語で、劇作・演出家は固定せず公演毎に選出する形式を採り「その時々の創り手によって毎回違った色を持つ作品に生まれ変わる」という意味と、「観た者へ爪痕を残す」という意思を込めて名付けられました。
 在籍メンバーは東北芸術高等専修学校・北海道芸術高等学校仙台サテライトキャンパスの在校生及びOBOGにより構成されております。


 「劇団」という言葉は「演劇を行う集団」という意味であり、別に劇場を借りて演劇作品を上演するだけが劇団ではありません(もちろん劇場での上演は軸にはなりますが)。

 演劇を通じて様々な境遇の人と繋がることこそが劇団活動においては非常に重要なことである訳で、そのための手段は一通りではありません。
 例えば、演劇ワークショップを行うことで普段あまり接することの少ないような方々(障害者の方々やシニアの方々など)と繋がることもできるし、全く演劇と接点がないような方々と一緒に創作を行うことだって劇団活動として行っていいはずです。
 そこで、このざくろうという劇団では、「様々な境遇を抱えたより多くの方々と演劇で繋がり、お互いの豊かな生活づくりに貢献する」ということを主眼に据えた活動を行っていこうと考えております。

【SNSアカウント】
 Twitterアカウントはこちら
 Facebookアカウントはこちら